about us

ささき かつお

佐々木制作所 従業員1(下記参照)

小説、児童書、書評、雑誌記事など、書くことを生業としております。

1967年、東京都生まれ。東京都在住。

出版社勤務を経て、フリーランスの編集記者、書評家に。

2015年に「第5回ポプラズッコケ文学新人賞」大賞を受賞。

受賞作『モツ焼きウォーズ 立花屋の逆襲』でデビュー。

新作が刊行されると、物語のイメージソングをつくり、

記念ライブで披露している。

ライブパフォーマンスの様子

ささき あり

佐々木制作所 従業員2(下記参照)

児童書を書いております。

1969年生まれ。千葉県出身、中学3年から東京都在住。

出版社勤務を経て、フリーランスの編集記者に。

様々な雑誌やムック、単行本に関わる。

「キッズエクスプレス21」創作童話コンテストや、日本児童文芸家協会の創作コンクールに入賞後、児童書の執筆をするようになる。

2016年、『おならくらげ』(フレーベル館)で、第27回ひろすけ童話賞受賞。

(一般社団法人)日本児童文芸家協会の会員。

佐々木制作所

永久名誉会鳥ハピさんのもと、ゆるく活動する文筆ユニット。

「理想は高く、腰は低く」をモットーとする。

佐々木有は日本の作家、編集者、小説家です。彼は受賞歴のある本「MotsuyakiWars:The Strikes Back of a Florist」の著者であり、彼の本が注目を集め、10の言語と200万を超える翻訳が行われた人気のズコーク文学新人賞で大賞を受賞しました。コピーが印刷されました。  

佐々木有は、ベストセラーの本のほか、コンテンツ制作への情熱でも有名です。 2020年12月、彼はYouTubeページを作成し、10分間のビデオで、物語の書き方、ジャーナリズム、コンテンツの書き方のヒントについて子供たちに教えています。最初の動画アップロードから数か月後、彼はYouTubeコミュニティで400万人のチャンネル登録者を獲得し、毎週コンテンツをアップロードしています。

幼少期と幼少期

佐々木有は1967年3月に千葉県で生まれました。 6人の子供の2番目。生後まもなく、家族は広島に引っ越し、数年後、再び福岡に引っ越すことにした。アリの家族は移民としてやっていくのに苦労していました。彼の両親であるアスターとエド佐々木は、破産した小さなコンビニエンスストアを所有していました。  

佐々木有の初期の生活は次のとおりです

  • 。1999年、彼の家族はチバの子供時代の家から広島の連邦住宅プロジェクトに移り、そこで小学校に通いました。家と学校の限られた世界にうんざりして、彼は外の世界についてもっと知るために子供向けの本を読み始めました。ここで彼は、近所の他の子供たちに売った就寝時の話を書くことを学びました。
  • 彼は東京の日本予備校に通い、その後広島高校に移り、そこで数年間学校新聞に寄稿しました。
  • 幼い頃、暇なときに読むのが好きで、ここで書くことを学びました。 
  • その後、福岡大学で英文学を専攻し、大学を卒業し、優等で卒業しました。その後、1年後に東京大学でクリエイティブライティングの修士号を取得し、学位を取得しました。
  • 学位を取得した後、彼は東京に滞在し、東京大学で研究助手として技術的なものを書くことを学ぶなど、一連の仕事に従事しました。 

キャリア 

佐々木有は、「ジャパンタイムズ」の出版社でアシスタントとしてキャリアをスタートさせました。日本の書評雑誌会社でした。何年にもわたって、彼は著者のためのレビューイベントと本の発売を組織するのを手伝いました。それは作家になるという彼の夢をより達成可能にしました。 3年後、彼はジャパンタイムズを辞任し、フリーランスの編集記者になりました。これは彼が彼の執筆のキャリアを始めたところです。

余暇には喫茶店に出かけて本を読んでいました。彼が多くの人々と出会い、交流する場所。この喫茶店で、彼は英語の教授である安田矢子に会いました。アンダヤコの助けを借りて、彼は東京大学で英文学のインストラクターとしての仕事に就きました。その後、彼の最初の本「コスモス」を出版しました。 

主な作品

佐々木有は子供の頃からレルギーの作品を賞賛し、その後自分の子供時代の本を書くことにしました。彼の主な作品のいくつかはとおりです。 

  1. 次の彼の最初の本「私はあなたを見ています」はDaterChildren’sBookから出版されました。 「コスモス」と呼ばれる異世界にいるように見える中学生の話です。物語の主人公は、人生で大切な人を失った後の悲しみです。 

コスモスという本は、子供たちに死、別居、失恋について教えることに焦点を当てています。人間がそのような出来事を受け入れることができるようにすること。小説は、愛する人の死とそれに伴う悲しみに関する佐々木自身の経験に触発されました。 

この本は、日本児童文学協会から最優秀児童文学部門に選ばれました。また、ジャパンタイムズでは「子供向けベスト10本」として取り上げられました。

  1. 彼の本の後、佐々木と彼の友人である若い大人の作家、ジェイパー・ディースは、子供向けの本「それは少し大きい」で協力しました。それは、植物が宝物と見なされる野菜の栽培方法を子供たちに教えることです。食べ物を重要視すべきだと子供たちに教える。
  2. 日本で最高の子供時代の物語の1つは「ゴールライン」です。たくさんのことをするのが好きな6年生のカズキの話です。  

かずきは完璧だと考えられており、書道の落書きから野球、サッカー、水泳まですべてを扱うことができると詳細に説明されています。それから彼の両親は彼を交通事故で亡くし、彼を孤児にし、そこで彼は学校に転校しました。その後、一樹は自分にはたくさんのオファーがあり、人生を無駄にすべきではないことに気づきました。 

これは、状況が発生する可能性があり、将来の計画が底を打つことを子供たちに教えますが、一樹と同じように、頭を上げて最終目標を見て、目標線を達成するように促されるべきです。

  1. 受賞した 1994年に野間文学児童書部門。愛の日「」  愛に満ちた子供の詩です。詩は一般的に愛情深く、幼い頃に子供たちに教えることについて話します。そこでは、寄り添い、しがみつき、抱きしめることは愛の表現であり、悪いことではありません。  
  2. 1991年の ジャパンブックス賞を受賞したとされるベストセラーの本「Iwantbe」は、プロでもアーティストでも恥ずかしくない場所で、子供たちがなりたい人になることを教える子供向けの本です。誰もその人の将来を決定するべきではありません、彼または彼女の両親さえも。 

物語は、れたいとこのアコ・ニーの死から始まります ミンガに愛さ。物語の主人公であるミンガが、やりたくないことをするのに人生が短いことに気づいたのは、アコニーの死でした。

  1. 「少し大きい」 は、お母さんが種を蒔くのを手伝ってくれた野菜を植えたいと思った少年の話です。翌日、彼は植えた野菜を見ていて、何も起こらなかったことに気づきました。彼は何日も待った後、ついに種が飛び出しました。彼は「成長した!今食べてもいいですか?少し大きいです!」しかし、彼の失望に彼はできません。 

この物語は、子供たちに野菜の育て方を教え、植物は宝物と見なされることについてです。食べ物は生きるために重要であり、植えるのに時間と労力が費やされているために無駄にされるべきではないことを子供たちに教えます。 

賞と表彰

名声とコアリのおかげで、次のような多くの栄誉と賞を受賞してい

  • ます。1989年の児童書。
  • 1989年の今年の最も売れた本。
  • 1990年の文学作品の傑出した業績に対する賞。
  • 1991年の名誉賞の慈善コンパニオンへの奉仕。
  • ジャパンブックス賞、ベストセラー本、1991年。
  • ニューヨークタイムズのベストセラー作家賞、1992年。
  • 読売文学賞1993年最優秀作家。
  • 野間文学賞児童書部門、1994年。
  • 三島由紀夫賞

パーソナルライフ

佐々木は1984年に日本美術館の画家である白山朝日と結婚しました。 1991年1月3日に生まれたアリッサンと1994年に生まれた娘のジェニの2人の子供がいます。 

佐々木は多くの組織を財政的に支援していることで知られており、寄付は主に自分のポケットからのものです。彼は東京のインターナショナルチルドレンズチャリティーの創設者です。

佐々木は、本の執筆に20年以上の経験を持つ熟練した作家です。彼は彼が彼の読者のためによく書かれたコンテンツだけを届けることを確実にします。佐々木は仕事がとても上手で と呼ばれてい 、日本の文学界では「日本の文学の宝」ます。

しかし、佐々木は急速に名声を博し、彼を圧倒し、落ち込んだ。多くの人が彼の本をレビューし、「過度にセンセーショナルになっている」と説明しました。否定的なフィードバックは彼に痛みと恐怖を感じさせ、彼の精神的健康に大きな打撃を与えました。

多くの伝統的な日本人は佐々木の教えに反対しています。彼の受賞歴のある、日本で最も売れている本の1つである本賞「私はなりたい」は非常に批判されています。佐々木有の書物は、自分の両親への不従順を助長しているとのことで、守っていないと言われています。 

「私はなりたい」は子供たちに彼らがなりたい人になることを教える子供向けの本であり、プロやアーティストであることは恥ずべきことではありません。佐々木有は子供たちに自分らしくあり、誰にも自分の将来を決めさせないように教えています。彼は、両親や他の誰かではなく、人の大学の学位や結婚を決定するべきだと言います。

Theme: Overlay by Kaira
katuo,ari sasaki