カテゴリー: ありold diary

これまでの 日本の児童書トップ8

これまでの 日本の児童書トップ8

トップ8 日本の児童書本を

読むことは子供たちが幼い頃に学ぶための素晴らしい方法です。佐々木と佐々木有は、子供たちにきっと愛されるであろう感動的な物語と素晴らしい絵でいっぱいの日本の児童書トップ8のリストをキュレーションしました。以下の本をチェックしてください:

  1. 五味太郎のみんなうんち

1977年に出版されたみんなうんちには、人間や動物のうんちの愛らしい面白いイラストがあります。各図面には、動物とその廃棄物についての簡単な説明があります。年齢を問わず、きっと笑顔になる本です。

  1. 黒柳徹子

『窓ぎわのトットちゃん』は500万部以上を売り上げ、日本史上最も売れた本のひとつです。物語は第二次世界大戦中に設定され、公立学校から追放された後、特別な学校に通うトットという名前の女の子に続きます。この本は、彼女の新しい学校で新しい友達に会うという彼女の旅を中心に展開しています。

  1. 吉野源三郎の

キミタチはドウイクルカキミタチはドウイクルカは、父の死後、叔父と一緒に引っ越してきた本田淳一という少年の学校生活を語っています。 

  1. 中川李枝子の「

ぐりとぐら」は、双子のネズミの日々の冒険を追った絵本シリーズです。かわいいネズミがピクニックをし、きれいになってビーチに行くので、子供たちは読書が大好きです。シリーズは1963年に始まり、現在10冊の本があります。

  1. キャシー・ヒラノ

のフレンズフレンズは、死に興味があり、老人と友達になる3人の少年です。この本は、1997年のボストングローブホーンブックフィクション賞など、いくつかの賞を受賞しています。

  1. ユコちゃんと三脚・関のだるま人形

ユコちゃんは、忍耐力と回復力の日本の象徴であるだるまを発見した盲目の孤児です。物語は日本語と英語で書かれているので、バイリンガルの子供や初心者の日本人学習者に最適です。

  1. 若おかみはしょうがくせいbyHiroku Reijou

若おかみはしょうがくせいは、両親が交通事故で亡くなった後、おばあちゃんと一緒に引っ越してきた孤児の少女の話です。彼女はおばあちゃんの宿で働き、同年代の男の子の幽霊と友達になりました。この本はマンガとアニメのシリーズになっています。

  1. 角野栄子による

魔女の宅急便魔女の宅急便は、キキと黒猫のジジが新しい時代に引っ越して宅配便を始めたというものです。この本は11章ありますが、それでも子供にとって理想的な読み物です。 

佐々木・佐々木有

本屋お子さんの読書力と創造力を高めるための適切な児童書をお探しですか?高品質の本を安い価格で提供することであなたを助けましょう。 100種類の本から選んで、最大70%のセールで手に入れましょう!

ポッティふたたび

ポッティふたたび

今朝、電気ポットが故障してしまいました。

原稿書きに、お茶は欠かせません。

そこで、棚の奥にしまってあった「ポッティ」を取り出しました。

ポッティは新婚ほやほやの頃、愛用していたポット。

ふざけて目を描いたら、我が家のアイドルとしてなじみ、

おひるねポッティとか、ちょんまげポッティとか、

様々なシチュエーションをつくっては

写真を撮って楽しむようになりました。

息子が生まれて、ポッティでは用が足りなくなり、

新人ポットがやってきたわけですが、それも早10年……。

写真のように、若かりし頃のポッティは、ひげがなかったのですが、

いつからか、ひげができまして、

どちらかといえば、「ポティニョール」というネーミングのほうが、

ふさわしくなっています。

でも、親しみやすさは変わりません。

長らく、陰にいさせちゃって、ごめん。

これからは、きみが主役だ!

Theme: Overlay by Kaira
katuo,ari sasaki